会社の発展を目指して|抜かりのない報連相|グループウェアが会社に貢献

抜かりのない報連相|グループウェアが会社に貢献

ウーマン

会社の発展を目指して

PCを操作する人

従業員の能力向上の為に

会社を発展させていこうと思えば会社組織の変革が大事であるのと同時に、個々の従業員の能力を引き上げることが必要です。従業員の能力を引き上げる上で大事なのはモチベーションです。従業員のモチベーションが向上すれば、自ら目標を設定して主体的に業務に取り組むようになります。モチベーション即ち動機づけには報酬や罰を与えることで行動させる「外発的動機づけ」とそのもの自体に興味があり、したいからするという「内発的動機づけ」の2種類があります。企業においては昇給、昇格を行ったり、懲戒処分をちらつかせたりする「外発的動機づけ」を行われることが少なくありませんが、主体的に仕事に取り組めるようにするためには「内発的動機づけ」を行うことが必要です。

動機づけに取り組むには

全社的に従業員のモチベーションアップに取り組むのであれば、自社の中だけで対応策を考えるのではなく、外部のコンサルティングを受けることが必要です。最近では企業のモチベーションアップや組織風土改善をコンサルティングする会社が増えてきました。モチベーションのコンサルティング会社は組織の調査をしたうえで的確な現状診断を行います。モチベーションコンサルを行う会社はクラウドのコンテンツ等を用いて従業員のモチベーションという目に見えないものを数値化し、その上でクライアント企業に最適なアクションプランを提案してくれます。そのようなことから、従業員のモチベーションアップに行き詰った会社が外部のコンサルティングを受けるケースが増えております。