勤務の総合的管理|抜かりのない報連相|グループウェアが会社に貢献

抜かりのない報連相|グループウェアが会社に貢献

ウーマン

勤務の総合的管理

ネット

リアルタイムでの勤務報告

最近、クラウドコンピューティングを利用した勤怠管理が主流になりつつあります。以前の手作業による勤怠管理は、長時間の工数が必要でした。社員一人一人の出欠管理や残業時間、出張精算など、勤務と給与に関することは、確認作業や計算に時間が掛かりました。また、間違った勤務報告が入力されてしまうと、その訂正の作業も大変でした。しかし、クラウドコンピューティングを利用した勤怠管理が可能となると、速やかな勤務時間計算や人事給与の算定ができるようになったのです。日々の社員の勤怠管理は勿論のこと、長期海外出張などの際も出張先からのリアルタイムの勤務報告を受け付けることができるようになりました。クラウドによる勤怠管理は、社内の工数削減に寄与しています。

その日ごとに締めが可能

クラウドコンピューティングを利用した勤怠管理では、これまで月ごとに締めを行っていた勤務管理が、1日単位で可能となりました。タイムレコーダーや日々の残業報告も1日ごとに締めを行うことができます。さらに、勤務報告に間違いがあった場合にも、速やかに訂正することができます。給与の締めの時期になると、経理部は社員に残業報告や出張精算を急がせたものですが、クラウドが導入されたことで、社員をせっつくことも少なくなりました。ただ、社内クラウドは、最初のカスタマイズが面倒な点もあります。給与管理の方法は会社ごとに方法が異なるので、会社の実情に合わせた内容でクラウドを構築することも重要です。しかしながら、クラウドによる勤怠管理は、今後更なる発展が期待されます。